未来の自分に繋がっていく

こんにちは!

ユニバーハイスクールの田中です。

勉強をしている時になんで勉強しているのか考えたことはありますか?
学校で課題や宿題が出るから?テストでいい点数を取らないと怒られるから?周りが勉強しろって言うから?

本来どれも違うはずです。勉強はあくまで自分のためにやるはず。

自分のために勉強をしている人と誰かにやらされて勉強している人では同じ勉強時間でも結果は違います。

勉強は自分の将来の可能性を広げてくれるもの。
よく「こんな勉強は将来なんの役にも立たない。無駄だ」という人がいます。本当にそうでしょうか?

スポーツで成功している人に小さい頃の他のスポーツの経験が役に立っているという話を聞きます。勉強もそういうものではないでしょうか?

将来なにかを始める時に計画的に取り組む力だったり、わからないことを自分で調べて理解する力だったり、継続する力だったりと必要な力はたくさんあります。(よく非認知能力といったりもしますね)

直接「三角関数」や「円の面積」などを使うことはなくても間接的に勉強で培われた力が役に立つ。

将来楽しく生きていくために今無駄なことは1つもありません。全部未来の自分に繋がっていく。

このことを高校生のみなさんは少し考えてみてください!!

宮崎台で大学受験ならユニバーハイスクールへ!

友だち追加