塾ができること

こんにちは!

ユニバーハイスクールの田中です。

ここ数年、ものすごい勢いで教育ICTのツールがたくさん誕生して日々進化しています。ユニバーハイスクールでも多くのICTツールを導入しています。スマホでも観られる映像授業を使えば、子供達はいつでもどこでも素晴らしい授業を受けられます。googleで検索すれば、どんなことでも膨大な情報が一瞬で出てくるようになりました。

昔みたいに誰かの授業を受けにどこかに通う必要もありません。子供達にはいつでもどこでも勉強できる環境が揃っています。そんな時代の中で塾の役割はどうでしょうか?

勉強をわかりやすく教えられる人がいることが必ずしも第一条件ではない気がします。そこの部分を争っても正直予備校の先生たちの映像授業では勝てないでしょう。

しかし、子供達に日々増え続けるICTツールを渡しても上手に使える人はわずかだと思います。このツールはどういう風に使えばいいのか?こういう時にはどういうツールを使えばいいのか?しっかりと教えて管理してあげる必要があります!1人1人にあったツールをその子が使いこなせるまでしっかりと面倒を見てくれる環境が塾には求められるのではないでしょうか。

また継続して勉強するためにしっかりとコミュニケーションをとってモチベーションを維持していくことも塾の役割だと思います。(高校生が勉強のモチベーションを維持していくのは相当難しいです笑)
そのために様々な取り組みが必要です。日々のコミュニケーションは欠かせません。さらになぜ勉強するのか?を考えせていかないといけません。

そうして生徒が主体的に学んでいく中で、先生は側でサポートしていく。

子供達が自分から勉強しようと思うきっかけを作り、自分で勉強できる環境を作り、それを継続できるように支えていく。そんな塾でありたいと思っています!

宮崎台で大学受験ならユニバーハイスクールへ!

友だち追加