勉強を教わる時間よりも勉強をする時間を増やす。

勉強を教わる時間よりも

勉強をする時間を増やす。

これがとても大事だということを

ユニバーハイスクール生には伝えています。

勉強する時間をどれだけ確保できるか。

そして勉強を教わる時間をどれだけ効率化して短くできるか。

例えば目の前にiPhoneがあるのであれば

この効率よく勉強できる環境があっという間に手に入る。

私たちユニバーハイスクールでも使用している

『学びエイド』やベリタスアカデミーの『英単語アプリ』など

いつでもどこでも勉強することができる。

だから勉強の効率化は難しいことではありません。

ではその環境でどうやって勉強するのか?

どのように計画立てて効率よく勉強するのか?

そこがとても難しいんです。

これからの塾の役割はそこにあるんじゃないかと思っています。

私たちができることは何だろうと考えたときに

生徒のマネージャー、コーチ、アドバイザーとなり一緒にプランをたて

学校の定期テスト、大学受験を乗り越えていく。

そんな場所がユニバーハイスクールです!

 

宮崎台で大学受験ならユニバーハイスクールへ! 

友だち追加